レムのうっちー

吐血と喀血はどちらも口腔から血を吐くことですが、喀血とは喉から肺を通っている気道(呼吸器…respiratory system)から血が出ることで、吐血は十二指腸より上部の消化管から出血する症状を指しているのです。
杉花粉が飛ぶ時節に、お子さんたちが体温はいつも通りなのにクシャミを連発したりサラサラした鼻みずが止まる気配をみせない具合なら、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
くしゃみ、鼻水、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の辛い症状は、アレルギーを起こす花粉の飛ぶ量に追従して悪くなってしまう特徴があるということです。
虚血性心疾患の一つである狭心症(angina pectoris)の外科治療としては「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス手術(CABG)」の両者の施術が高い確率で導入されています。
47歳 結婚したいけど出会いがない!
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病とは、膵臓(すいぞう)のインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で壊れてしまうことが原因で、あろうことか膵臓からインスリンが微々たる量しか出なくなり発病してしまうという自己免疫性の糖尿病なのです。
体脂肪量にはさして変化がなく、体重だけが食事や排尿等で一時的に増減する際は、体重が増えた方は体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が上昇します。
クモ膜下出血とはその8割以上が脳動脈瘤と言われる脳の血管にできた瘤(コブ)が破裂してしまう事が要因となって引き起こされてしまう脳の病気なのです。
「あまりにも忙しい」「気を遣ういろんなお付き合いが苦手だ」「技術やインフォメーションの進化になかなか付いていけない」など、ストレスを受けてしまう状況はみんな異なります。
いんきんたむしとは、正式には股部白癬(こぶはくせん)と呼び、白癬菌というカビの一種が股間や陰嚢(いんのう)、臀部などの部位に感染してしまい、定着した病気で簡単に言うと水虫のことです。
子供の耳管の仕組みは、大人に比べて太い上に短い形で、尚且つほぼ水平になっているため、様々な細菌が入り込みやすくなっています。幼い子供が急性中耳炎を発病しやすいのは、この事が関係しています。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最も症例の多い中耳炎で比較的子どもによく発症します。激しい耳の痛みや38度以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などが出るのです。
必須栄養を万遍なく含んだ食生活や体を動かすことは無論、全身の健康やビューティーのために、サブに色々な成分のサプリメントを利用する事が標準になったようです。
多くの人に水虫=足、ことさら足の裏や指の間に現れる病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は決して足しかないわけではなく、人の体ならどこにでも感染する可能性があるので注意してください。
老化による耳の遠さでは段々聴力が低くなっていきますが、普通は還暦くらいまでは耳の悪さをあまり自認できません。
PCの青い光を抑える効果のあるレンズの付いたメガネが特に人気を博している理由は、疲れ目の対策にたくさんの人が挑戦しているからだといえます。